大きな地震などがあるたびに建築基準法などに定められている耐震基準は見直されてきました。
けれども新しくできた建物は耐震性に優れていても、古い建物はそうではありません。
何十年も前に建てられた住居などは老朽化なども進んでいますから、耐震性については非常に不安に、心配になってしまいます。
特に大きな震災があったばかりですし、元から地震の多い日本のことですから耐震対してはそう急に対策を立てる必要があるのではないかと思います。
しかし家を建て直すのはなかなか難しいことです。
ですから耐震リフォームなどを行うのがいいのではないかと思います。
日本の対審制度は非常に優れています。
それは大地震の後の建物を見ればよくわかると思いますが、自身が原因で倒壊してしまう建物は非常に少ないわけです。
ですから耐震性を高めておけば地震時のリスクは大幅に軽減できるのは間違いありません。
リフォームの方法はいろいろありますし、家によって必要なところも違いますか一度点検してもらうのも大事だと思います。