火災保険の選び方

大切な家を守る、火災保険。
火災保険を選ぶときには気をつけなければいけないポイントがいくつかあります。
まず、建物だけではなく家財も補償対象となるように契約すること。
風災や水災の被害も地方によっては検討する必要があるかもしれません。
天災以外の破損や汚損なども対象になりませんので、気になる場合は別に補償対象とする必要があります。
また地震保険にも必ず加入するようにしたいもの。
なぜなら通常の火災保険だけでは地震・噴火・津波によって起きた火災による被害は補償されないからです。
地震のさいには全損、半損、一部損などによって補償される金額が異なるので、地震の多い日本ではこうした知識も前もって知っておくとよいでしょう。
保険金額は建物の構造によって異なります。
一戸建てなのか共同住宅なのか、木造、コンクリート造、鉄骨造など柱の種類、耐火基準を満たしているかどうかなども関わってきます。
一度、保険会社または代理店を通じて見積もりをしてもらうのがよいでしょう。
また一般的火災保険は長期の契約にすると保険料がぐっとお得になることも覚えておきたいもの。
大切な住まいを守る火災保険、必ず加入していざというときに備えましょう。

Scroll to top